相続について弁護士に相談をしたら

相続というのは、かなり揉める要素がありますから、そうならないように弁護士に相談しておくとよいです。


そもそも相続人がどの人なのか、ということをいまいち理解していない人もいます。大前提として直系の人になりますが、これは要するに子供達のことです。


さらに配偶者もその権利があり、最も強いです。

基本的には配偶者が半分、残りの半分を子供達で均等に割る、ということになります。



これが相続の基本になりますから、覚えておくとよいです。

しかし、そうそう上手くいくわけでもなく、やれ学校に行かせてもらったとか家を買うときに援助してもらったとか生前贈与分のことを持ち出す人が多いのです。

そのあたりで揉めることが多いですから、しっかりと遺志を定めておくとよいです。

簡単に言えば、遺言書を書いておくわけですが、これが確実に有効になるとは限らないのが難しいところなのです。



つまりは、遺留分があり、それはキチンと渡す必要があり、財産を残す側だからといって好き勝手にできるわけではないのは理解しておくべきです。
そのあたりを含めて、弁護士にどうすればよいのかを相談するのです。



そうすることによって、極めて安全に財産を譲り渡すことができるようになります。

法律的に問題がないのであれば、揉めようがないのです。


屁理屈云々をいってくるようであれば、そのときのための弁護士であるわけです。

遺言書の作成と開封の依頼をしておくと後々、非常に話がスムーズに進みます。